日野軍★伯備線ファン倶楽部

Welcome to Hino Town!

全国からお越しの鉄道ファンの皆さま、ようこそ日野軍★日野町へ!!

マナーを遵守して地域住民に迷惑をかけないよう撮影を楽しみ、美しい伯備線に出会う町・日野町の四季を満喫してください。

日野町には、絶好の撮影ポイントが各所に!

ネウグロで知られる根雨駅〜黒坂駅間

南北に走る伯備線の中で、日野町内(根雨〜黒坂〜上菅間)ではほぼ東西のルートとなっています。そのため撮影に良い光が得られるポイントが多く、基本、午前中は下りを撮影し、午後は上りが順光になります。また日野川に並走し、周囲には田んぼ広がっていて、迫力ある寄りの写真はもちろん、広いレンジで俯瞰した写真も撮ることができ、季節感ゆたかに表現できることも魅力です。


381系をはじめ、人気の列車がいろいろ!

山陰と山陽を結ぶ幹線ルートということもあって、特急列車や貨物列車などがたくさん走っています。特に間もなく新型車両導入の計画がある381系「特急やくも」の人気は絶大で、現在、国鉄色のリバイバル車両も交え、上りと下りがそれぞれ1時間間隔で走っています。また朝夕に優雅なフォルムで走る寝台特急の「サンライズ出雲」や、長い車列の国鉄型貨物を狙う方も多いようです。



日野軍★伯備線ファン倶楽部  2022.11.10スタート!

日野軍★伯備線ファン倶楽部とは?

伯備線大好きな全国の鉄道ファンが集う、ゆる〜いネットワークです。鳥取県日野郡(日野軍)日野町、根雨駅と黒坂駅間、通称「ネウグロ」のど真ん中に位置する「リバーサイドひの」を拠点として、ここを休憩場所、また情報の取得や共有のためのスペースとしています。

活動はまだ始まったばかりですが、徐々にコンテンツを増やしていきます。

※今後、江府町、日南町についても展開していく予定です。



鉄道関係書籍や貴重な資料などを展示!

鉄道写真集

レイルマガジン/70冊

貴重な鉄道資料



伯備線ファン倶楽部SALON情報

日野町交流センター リバーサイドひの

●気楽に立ち寄りO K!オススメの休憩スペース!

安原踏切と下榎踏切の間に位置する絶好のポイント。

トイレ利用可能。鉄道写真や鉄道資料を展示しています。     

■カフェ&レストラン  11:0014:0017:0019:00

■レンタサイクル/撮影のお供に便利です!料金/1,000円(税込)/ 1

■宿泊  ※早朝から夕方遅くまで、1日フルに撮影が楽しめます!

■日帰り入浴  ※撮影を堪能した後のひと風呂はまた格別!

■キャンプサイト  1,980円(11泊料金)

営業時間 9:0021:00(宿泊受付は17時まで)

お問い合わせ・ご予約 TEL. 0859-77-0333 FAX. 0859-77-0555

E-MAIL. reserve@riverside-hino.jp

689-4526  鳥取県日野郡日野町下榎1183



マイカーではなく、列車などで当地へお越しの皆さんへ!

▶︎リバーサイドひののレンタサイクルを活用して、広域で撮影を!

リバーサイドまでは!?

リバーサイドひの=根雨駅から徒歩なら50分、

  タクシーなら料金が数百円

 

 ●高齢者など地元町民の利用を優先しており、予約は承っておりません。利用をご希望の場合は駅に到着時、ご連絡ください。

■日野町営タクシー 電話/0859-72-0219

 

 営業時間 7:30~20:00(日祝は18:00まで)

《ご利用方法、料金等に関するお問合せ》

日野町役場企画政策課 TEL:0859-72-0332

レンタサイクル/1,000円(1日)



マナーを守って安全に、楽しく撮影!

■ちょっと待って!その場所ホントに大丈夫?

▶︎今いる場所が私有地や鉄道用地ではないか、今一度確認してください。特に危険が伴う場所での撮影は厳禁です。そうした場所に入る人を見たら、遠慮なく、相互に注意をお願いします。

■良識に従って、迷惑行為はやめましょう!

▶︎ゴミの放置や立ちシ○ンはやめましょう!

▶︎住宅地付近での早朝・夜間の撮影はご遠慮を!(女性や年寄りが不安になる様な時間帯)

▶︎無断で立木を切るなど、明らかな違反・犯罪については警察に通報します。

■マイカーを、駐める場所にも気配りを!

▶︎駐車禁止の場所や狭い道にはクルマを置かないでください。

※田舎には細々と「駐禁マーク」は掲示されていませんが、一車線道路や、一般通行の邪魔になりそうな場所への駐車は絶対にやめましょう。

※狭い農道などでは運転スピードを落として、ゆっくりと!

散見される危険な状況について警告!



日野町内の飲食・買い物情報

根雨駅周辺の飲食店紹介



沿線の宿泊施設情報

リバーサイドひの(日野町)

根雨駅と黒坂駅のど真ん中、別名「レイルサイドひの」。ファン倶楽部の拠点です。

ゲストハウス俺ん家(日野町)

根雨の町の一番南側にあるフレンドリーなゲストハウス。

門脇旅館(江府町)

江尾駅のすぐ北側。


おかもと旅館(江府町)

江尾駅のすぐ北側。

深津旅館(日南町)

イチイ荘(日南町)


井谷旅館(日南町)

ふるさと日南邑ファームイン



鉄道・伯備線以外の撮影モチーフ情報

日野郡三景のひとつ、明地峠の雲海

日野町根雨から国道180号を新見市へと向かう途中、県境・明地トンネル手前あたりから眺める大山の遠望は最高です!特に秋から冬にかけて、よく晴れて風のない冷え込んだ朝には、眼下の谷あい一面に雲海が発生して、幻想的な風景が遥かに広がって、多くの写真愛好家で賑わいます。大山が冠雪していれば素晴らしさはなおいっそう!!10月中旬以降、天気予報に注意して、ここぞというタイミングで、渾身の1枚を撮影しに行ってみませんか!?


日野川の岸辺に集うオシドリたち

JR根雨駅から徒歩約5分の日野川沿いに、オシドリ観察のできる人気のスポットがあります。秋から春先にかけて、多いときには1000羽以上の愛らしい姿をすぐ間近に見ることができます。日中や天気のいい日は外出をしていないこともあり、観察・撮影は早朝(夜明けから8時ごろまで)、あるいは夕方16時以降がおすすめです。オシドリ観察小屋は22年秋にリニューアルオープン。入館料は一般/300円(18歳以下は無料)。詳しくは日野町役場のホームページにて。



もうひとつの”鉄”のお話し